MAU | MATSUBARA ANKO UNIVERSITY
MATSUBARA ANKO UNIVERSITY

松原あんこ大学

Produced by 松原製餡所
世界を見据えたあんこ研究
未だ見ぬあんこを創造する
あんこの最先端を行く
365日あんこ漬け
あんこ知の集積と活用
あんこ学部あんこ学科
あんこに出来ないものはない
あんこを学問する
MAU Information
InstagramやTwitterではお手軽あんこレシピを日々更新しています。
よろしければご覧ください。
Instagram(@matsubara_seiansho)/Twitter(@macan_kobe

WHO WE ARE
MAUとは

ANKO CAN DO
EVERYTHING
あんこに出来ないものはない
お取引先様の求めるあんこに近づけるために試作に試作を重ねて自社の独自技術を磨いてきました。風味が落ちない耐熱ゼリー技術や、口当たりがクリーミーになるフレッシュ技術などを駆使し、今ではあんこの数は500レシピを越え、日本一。
現在も日々新しいあんこを生み出しています。

VOICE
研究員の声

日々精進、あんこ道
(T・Kさん)
【あんこづくりに懸ける想い】
私たちが造ったあんこを皆様に食べてほしい、そして喜んでほしい、ただそれだけです。
製餡所で働く現在でも、ついついあんパンを買ってしまう程のあんこ好きです。

【あなたにとってまつばらあんこ大学とは】
自分を高めるためには良い所だと思います。
動作一つでも極めて行けば効率良くできるようになっていくので楽しいです。
あんこに対する意識高い系男子として日々あんこ道を精進しております。
あんこを日常に
(S・Mさん)
【あんこづくりに懸ける想い】
あんこを嗜好品としてだけではなく、普段の生活にもっと浸透させたいと思い、研究開発をしています。
日本中の冷蔵庫に眠る使いかけのあんこを無くしたいと思います。

【あなたにとってまつばらあんこ大学とは】
美味しい定番の餡子から他では見たことのない餡子がある所。
餡子の宝庫。
様々な種類や特徴を持った餡子を生み出して、世の中の役に立つように育てる所。
常識を覆す餡子がたくさん眠っている場所。
ここでは常識知らずって褒め言葉なんです。
あんこが主食になる日
(M・Nさん)
【あんこづくりに懸ける想い】
あんこが主食になる世の中を夢に見ながら、奇想天外なあんこの開発に勤しんでいます。
また松原あんこを世に広めるべく、SNSにも挑戦中。InstagramとTwitterのフォローお願いします!

【あなたにとってまつばらあんこ大学とは】
ずっとあんこのことを考えても許される、あんこ好きにとっては夢のような場所。
私にとってはここが夢の国。デートするならまつばらあんこ大学であんこを一緒に食べていたい。

新味あんこ
大募集キャンペーン

Coming Soon!

WHAT'S
MATSUBARA
ANKO
UNIVERSITY?
松原あんこ大学とは

餡リミテッドな発想で
創造するあんこ
「あんこにできないものはない」という信念のもと、あんこの可能性を追求し、常に新しいことに挑戦する松原製餡所。そんな松原製餡所の代表が教授を務め、“あんリミテッド”な発想やアイデアで“あんビリーバブル”なあんこを創造するための研究開発を行う大学。
PROFESSOR MATSUBARA
松原教授
あんこに一生を捧げた男。1947年創業の神戸のあんこ屋さん 松原製餡所を率いる代表。あんこの可能性を追求し、300種類以上のあんこを作り上げる。(日本一種類が豊富!)あんこの無限の可能性を信じ、日夜新しいあんこの創造に没頭する。好きなあんこは特別栽培粒餡。好きなあんこの食べ方は饅頭。
RESEARCHER
研究員
NO ANKO NO LIFE あんこが好きで好きでどうしようもない集団。 とにかくあんこが好き。新しいあんこ作りが生きがいの頼れる人たち。

WHAT WE DO
松原あんこ大学の研究

あんこに出来ない
ものはない
「あんこにできないものはない」という強い思いを持ち、お客様の求めるあんこに近づけるために試作を何度も重ねて自社の独自技術を磨き、新しいあんこの研究開発を行っている。
独自技術
●風味が落ちない耐熱ゼリー技術
液体ならどんなものでもゼリーにする事が出来るので、ワインや日本酒等のアルコール類も風味を残すことが可能。
●口当たりがクリーミーになるフレッシュ技術
独自の乳化技術を使用し、「あんこ」に生クリームを混ぜた様なクリーミーな口当たりの「あんこ」にすることが可能。
独自レシピ
常に新しい味を創造し、今ではあんこの数は300レシピを超えて日本一。現在も日々新しいあんこを生み出している。
あんコンテスト
毎年、全研究員一人ひとりが新しいあんこを考えてプレゼンするコンテストを開催。あんこのプロたちが本気で考え、本気で選んだ新しいあんこを開発。

MEDIA
メディア

「マツコの知らない世界」に出演しました。
2019.4.30
TBSラジオ宇賀なつみ「BATON」に出演しました。
2019.8.9
京阪神エルマガジン社
「大阪 神戸 京都 あんこのお菓子」に掲載されました。
2020.1.30

新味あんこ
大募集キャンペーン

Coming Soon!

CONTACT
お問い合わせ

あんこといえば松原製餡所
078-221-2707
月曜日~金曜日 7:00~18:00
お問合せフォームはこちら

COMPANY
会社概要

神戸の光のように、
幾多の個性が輝く「あんこ」を
松原製餡所の「あんこ」は、
神戸のパン食文化と、洋菓子屋さんのパティシエの味覚に磨かれてきました。
異文化を受け入れ、輝きを増した神戸のように、常に新しい味を生み出しています。
レシピの数は500種類以上。洋菓子や和菓子に合う「あんこ」。
全国のご当地食材や、フルーツなどを組み合わせた「あんこ」。
季節の味、旬の美味しさを感じる「あんこ」。
そして毎年、社員全員が参加する「新あんこレシピコンテスト」からも、
これまでにない新しい「あんこ」が生まれています。
製造や商品開発担当だけでなく、営業担当者も、役員も、
一人ひとりが新たな「あんこ」の味を考え、試作を作る。
「あんこ」のプロフェッショナルとして
「あんこ」の可能性を広げ、「新しいあんこ」を生み出していきます。
松原製餡所のコンセプトは、
『私たちに作れない「あんこ」はない。』ですから。
「あんこ」ひと筋、数百レシピ。神戸のあんこ屋さん。
松原製餡所
会社名
株式会社松原製餡所
所在地
兵庫県神戸市中央区日暮通2丁目2-8
電話
078-221-2707(代)
FAX
078-232-0044
創業
昭和22年10月
設立
昭和28年11月4日
代表者
代表取締役社長 松原宏
業種
製餡業(業務用卸、家庭用販売)各種生餡、加糖餡、晒餡、かのこ豆などの製造販売